つまらぬことにこだわる人へ

ある時、
旅人が大きな河にさしかかり、
向こう岸へ渡ろうとしたが橋がなく困っていた。

さいわい河岸に丸太があったので筏をつくり、
それに乗って無事に向こう岸に渡ることができた。

岸についてからも旅人がなお筏をかついでいると、
道行く人びとが「君はどうしてそんなものをかついでいるのかね。

用がすんだら河岸に置いておくものだ」と忠告してくれた。

間抜けな旅人はハッと気づき、
「それはそうだ」といってわざわざ置きに行ったり。

旅人

世の中のいろいろな規則や戒律は、
こちらの裟婆世界(此岸)から悟りの世界(彼岸)にたどりつく手段として必要なのであって、
それにいつまでもこだわっていると「木多くして森見えず」で、
目的物を見失ってしまう。

お金をもうけることなども、
しあわせになる手段であり、
必要条件ではあるが絶対条件ではない。

それを忘れて、
いつのまにかミイラ取りがミイラになり、
自分の生活を犠牲にしてまでも金もうけのためにうつつをぬかし、
それを目的とするとかえってふしあわせになってしまう。

はらたんざんあんぎや明治の初期に原坦山という傑僧がいた。

師は修行時代によく友人と諸国を行脚したが、
ある夏、
二人で東海道を旅していると、
召使いを連れた美しい娘がおりからのにわか雨の増水で泥川を渡りかね困っているのに出くわした。

これを見て坦山はつかつかと娘に近寄り、
「さあ、
お燥さん、
人助けは出家の役、
わしが渡してあげるから、
この胸におつかまりなさい」と、
はにかむ娘をしっかり抱きかかえるや河を渡って行った。

これを眺めていた友人は心中はなはだ面白くなく、
「邪淫戒といって、
出家は女の髪の毛一本にも触れてはならない身なのに、
こともあろうに胸を抱きしめるとはけしからん」と腹を立て、
すたすたと先へ行ってしまった。

三里を行ったと思われるところで、
やっと坦山は追いつき、
「わしをおいてきぼりにして、
ひどいじゃないか」というと、
「君こそ実にけしからん。

修行の身もわきまえず、
若き女性を抱きしめるとは何事だ」といい返した。

すると坦山は「いやはやこれは驚いたわい。

わしはとっくにあの娘のことなど忘れているのに、
君はまだ憶えているのか。

あははは。

君も案外色好みだなあ」と肩をたたいたので、
友人は返す言葉もなく恥入ったという。

仏教では、
こうした何ものにもとらわれない自由無碕の境地を三昧といい、
その道の達人になると自分のほんとうにやるべきことに心が向かうと、
ほかのことは全部忘れて、
そのことに深く没頭することができるという。

一流の彫刻家なども、
一心に精魂をかたむけて好きな制作に没頭していると、
自分と彫刻そのものが一体化し、
自分がそれを作っているのか、
それによって作らされているのかわからない無我の境地に入り、
それによって名声を博そうとか、
よい出来で高く売れるようにとかいう不純な気持は一切おきないらしい。

われわれも、
ほんとうに好きなことに没頭していると、
他のことが邪魔にならず時間や空間を忘れ、
ハッとわれにかえってはじめて自分の存在に気づくような体験をすることがある。

このように、
仕事が遊びのように楽しみながらできる遊戯三味の境地に入れたらしめたものである。

自分の不幸を招く人に

昔、
あるところに一人の独身男が住んでいて、
一生のうちせめて一度でもいいからしあわせになりたいと願っていた。

毎日、
神に向かって幸福の一片でもよいから授けてくれるよう熱心に祈っていると、
その甲斐があってか、
ある夜、
彼の家の戸を叩くものがいる。

誰かと思って開けてみると、
外に立っているのは。

吉祥。

という幸福の女神である。

弁天様

男は飛び上がらんばかりに喜び、
家の中に招き入れようとした。

すると女神は、
「ちょっと待ってください。

私には実の妹がいて、
いつも一緒に旅をしているのです」といって、
後ろにたたずむ妹を紹介した。

男はその妹を見て驚いてしまった。

美しい姉とは裏腹に何と醜い女神ではないか。

「あなたのほんとうの妹ですか」といぶかると、
「・申し上げたとおり実の妹で、
名を不幸の女神黒耳と申します」という。

そこで男は「あなただけこの家に入って、
妹のほうはお引き取り願えませんか」と頼んでみると、
「それは無理な注文です。

私たちはいつもこうして、
一緒に連れ添わなければなりません。

一人だけ置きざりにするわけにはいかないのです」という。

男は困ってしまった。

幸福の女神は「お困りなら、
二人とも引き上げましょうか」となおもいう。

男はまったく途方に暮れてしまった。

以上のエピソードは『阿毘達磨倶舎論』にのっている、
幸福の女神と不幸の女神が異身同体であることを説いた一節である。

誰しもしあわせを望まない者はいない。

「全て世は事もなし」といったのどかな風景は望ましいだろうが、
世の中にはそうよい事ばかり転がっているわけがなく、
どんなにひとから羨ましがられ、
本人自身も恵まれていると思っても、
いつしかその生活の隙聞から不幸という名の風がしのび込んでくる。

しかし、
いくら不幸に陥ったからといってその苦境に迷わされず、
明日への希望を抱いてやがて不幸から脱する日のために覚悟を新たにしなければならない。

「冬来たりなば春遠からじ」とはイギリスの詩人シエリlの作『西風に寄せる賦」の一節であるが、
われわれには厳しい冬がいつまでも続くわけがない。

宮本百合子女史も「うららかな春はきびしい冬のあとからくる。

かわいいクふきのとう。

はつゅの下で用意された。

苦しいこと、
つらいこと、
これらを乗りこえて」と詠んでいる。

昔から「若い時の苦労は買ってでもせよ」といわれているが、
苦労した者ほど成長してから楽しみがふえるという。

過去の不幸や苦労と現在を比較する心のゆとりができるからで、
その点、
苦労のない者は不幸だといえるだろう。

苦しまずに楽しようとか愉しもうというのが根本から間違ってかんなんしん〈いるのであり、
「抑制難辛昔、
汝を玉にす」という言葉もあるとおり、
われわれは今のうちにつとめて。

苦労。

阿弥陀様

しようではないか。

ほんとうに苦しんでこそ、
ほんとうの生きる喜びがわかるからだ。

国目頭の文にあるように、
幸不幸を感じる善悪の心は自分以外のところに存在するのではなく、
われわれの気持の持ち方次第で、
どちらにも傾くことができるものである。

だとしたなら、
幸不幸にかかわりあってがんじがらめにされているよりも、
それらを手玉にとれるような自由な身になったほうが、
どれだけよいかしれない。