公営斎場・市営斎場・公営火葬場とは

東京で公営斎場を利用した葬儀を行うときは、臨海斎場にお電話をください。

まず遺体搬送のお迎えの車を手配し、

費用の説明をさせていただきます。

 

納得できない場合は他社でお見積り葬儀をしていただいても問題ありません。

一旦はご遺族様が落ち着ける環境を確保することをおすすめしています。

 

大阪市北区にある公営斎場で葬儀をしたいときは、大阪市立北斎場をご覧になってください。

手順が分かりやすく紹介されています。

 

公営斎場・市営斎場・公営火葬場とは元々古来神道の言葉遣いで祭事・儀式を行う場所を指しましたが、
今日この頃では、
転じて中心に葬儀を実施することが望める施設を指します。
家族葬は何べんも実施することだとはないので、
把握している葬儀社がが少なくて病院が提示してくれた葬儀業者にお願いする事が多くあります。
それにお墓の形状も最近ではバラエティ豊かで以前までは形もあまり変わりませんでしたがここ数年で洋風化された、
お墓が多くなってきていますし、
自由な発想で形にする人も、
多くなっています。
大抵の遺族は葬儀を出した事例がないので費用はどれほど見ればいいの?葬儀社と話す前に平均を把握したい、
と不安に駆られるようです。
伝統的に地元密着といった葬式会社が殆どのようですが今では花祭壇が得意な業者など、
独自色を活用した、
葬儀社も増えてきました。

この祭祀は会場の手配や位牌の準備など準備を事前にすることが多く、
(いつまでに何をやるのか)十分に確認しておく必須でしょう。
一家代表はお通夜・葬儀の実際のところの窓口となり広範囲の役割として列席者へのおもてなし、
などが考えられます。
そのうえ公営斎場・市営斎場・公営火葬場への宿泊が難しいとき、
遠方からの参加者の宿の手筈をとったり、
貸衣装や着付けなど、
仏事では何かと想定外の争議が起きます。
交流のある僧侶が認識がない、
一族の家の宗派が不明な方は、
第一は本家や親類に聞くのが良いでしょう。
自分のお葬式や葬送の進め方について生前に段取りしておく事を望む方ご家族と談合したりエンディングノートに書き写す人も増えております。

葬式は寺院の僧侶が授戒(戒律を授けること)と引導(仏を彼岸に導くこと)を行う仏事行事で、
原則では親類が参列されていました。
家族・親族と一定の人達限定で招いて、
お見送りする、
儀式を、
「家族葬」と呼ぶようになり、
今日この頃では、
浸透して、
きたとのことです。
僧侶とかかわりがなく通夜の場合に葬儀社に宗教者を斡旋して頂く場合は、
お布施は幾らくらい手渡せばいいのか不確実なので、
警戒心を偲ばせる人も多いようです。
家族葬勉強会や終活セミナーや葬儀式場見学会などをしていますから、
ひとまずそれらに参会することを工作しています。
満中陰法要の際とは違い日がたっても残る品で結構だと思いますし地域の仕来り等によっても、
異なっているもので、
仏具店などでご相談されるのも百貨店などでご相談なされるのも、
いいかと思われます。

納骨堂は関西各地に募集しており駅近くでお参りに便利な寺や喧騒から距離を置いた、
ひっそりとした寺まで、
候補はたくさんあります。
且つ葬儀会館への宿泊が困難とされる場合、
遠くからの参列者の民宿の準備をしたり、
レンタル衣装や着付けなど、
葬儀では数々の突発的なトラブルが起こります。
お仏壇とは想定されるように仏様一言で言うと如来様をお勤めする壇の事を意味しその事に加え近年では、
死亡された肉親や、
ご先祖を祀るためのものという思いが、
社会的になりつつあります。
後飾りは葬儀式を終え白木祭壇を終結した後に遺影・ご遺骨・位牌などを法要まで自宅で安置しているための祭壇のことをさします。
こういうように重要な方を失ってしまった親兄弟、
については、
この辺りの、
方が、
経済事情、
バックアップ、
する。

家族の代表は葬式の実務的なところの窓口となり広い役割分担は参列者への挨拶、
などが存在します。
家族葬フェアや終活セミナーや葬儀式典見学会などをやっているので、
手始めにそれらに参加することをアドバイスしております。
縁のある僧侶が不明、
己の世帯の宗旨宗派が認識がない方は、
ともあれ実家や従妹に問い合わせるのがいいですね。
亡くなった人の意思を尊重し身内だけで葬儀を終わらせたところ葬式にお別れできなかった人が、
手を合わせに頻繁に実家へ、
くるようになりました。
一昔前まで近しい人で執り行うことが大衆的だった平均だった遺品処理ですが、
多端だったり、
遺品整理する家が遠地だったり、
近親者ではできないのが問題です。

告別式と言う催しを取り組む近しい人の死という事実を受け入れて、
仕切り直して新たな生活への、
行動する足がかりとなります。
死者を愁傷し葬る場が死者を隣にして醜い財産争いを繰り広げる場に変わりそこで故人を見送っているのは誰なのだろうか、
と強く頭の中に残っている。
自分中心に考えて苦しみや迷いばかりの生活を苦しみを理解することもなく生活するという事実から、
この不安に、
負けないという意味に、
多数存在されます。
遺族の要望を表してくれるというのは言い換えるとご家族本位である葬儀社と言えますしこういった葬儀屋さんは、
たいてい、
他の要素も。

優れたはずです。
満中陰法要の時と異なり日がたっても残るもので結構でしょうしその場所の風習等によっても、
異なっているもので、
仏具店などでご相談してみるのも百貨店などでご相談されるのも、
よろしいと思います。

近づくだけですでに目標は達成されている

一嘘も方便」の一…方便」は↑じつはこんな意味「方便」ということばは、
わたしたちのあいだでは、
あまりよい意味に使われないことが多い。

「嘘も方便」といった具合に、
「便宜的な手段」ないしは「その場しのぎの計略」の意味に使われている。

しかし、
「方便」とは、
本来は仏教思想から出てきたことばである。

その証拠に、
辞書にはこう書いてある。

1仏が衆生をおしえみちびく手段2真実の教えにみちびくための、
仮の方法3便宜的手段。

「嘘も方便」つまり、
これを見るとわかるように、
わたしたちは、
もっぱら3の意味だけにかぎって「方便」を使っていることになる。

じつは、
仏教本来の意味性1であり々2なのだ〕それには次のような話がある雲一りよ』っ南朝梁初代王の武帝(四六四’五四九)といえば、
当時の中国で巌高の教養人であった。

仏教ばんにやきようねはんぎようを保誰し、
承ずからも『般若経』『浬梁経』の講義をするほどの学識があった。

だるまその武帝が、
禅宗の始祖である達磨(?’五二八?)に問うた。

ちん「朕はこれまで、
多くの寺院を造り、
経巻を写し、
梱尼たちを援助してきた。

ブッダ2

これらの行為には、
いかなる功徳があるか……」「無功徳」冷然と達磨は答えた。

その答えは帝の予期せぬものであったので、
あわてて別の質問をした。

いかん「如何か、
これ聖諦第一義」(最高の真理とは何か?)かくねんむしよう「廓然無聖」(あけつぴろげでがらんとしていて、
簸高も糞もあるものか)た「しからぱ問う。

朕に対する者は誰ぞ」(おまえはいったい何者だ?)ふしき「不識」(知らんね)とりつく島もない。

武帝は問答をあきらめ、
達磨はさっさと座を立って去った….:。

話というのはこれだけである。

歴史家は、
つくり話だというが、
その真偽はともかくとして、
ここでは一つの公案としてとらえておく。

公案というのは、
禅の師が弟子に与える試験問題で、
正解がない。

だから、
各自がそれぞれ考えるよりほかないわけだが、
わたしの解釈はこうである。

武帝は、
多くの寺院を造ったことに執着していた。

それはあくまで結果でしかない。

仏教は結果ではなく、
その過程を重んじる教えである。

そっけない返事をする達磨には、
結果に執着する武帝がばからしかったのだ。

もう一つ「方便」に関するエピソードを紹介して、
読者にもこの公案を考えていただくことにしよう

1.近づこうとする歩みl

それが生きるということ大勢の旅人が隊を組んで砂漠の中を進んでいる。

砂漠の向こうに宝のありかがあるというので、
そこに向かって蕊んなが一歩一歩進んでいくI。

しかし、
砂漠はどこまでもつづき、
ふんな疲れ果てて先へ進むのがもういやになってきた。

「宝なんかいらないから帰りたい」と言う者も出てきた。

そのときに、
一行の指導者が神通力によって砂漠の中に幻の城を出現させて、
「あそこが宝。

ありかだ。

あそこまで行けばいいんだ」と言ってゑんなを励まし、
引っ張っていく。

涅槃像

そして、
幻の城の中で休憩をとり、
みんなの疲れが癒ると、
ほんとうの目的地はもっと先にあるんだ、
と言って再び出発する。

みんながまた疲れたら、
また幻の城を現出させて休ませ、
疲れが癒たら、
また出発させる。

かくて、
一行は一歩一歩、
目的の宝のありかに近づいて行った。

これと同じく、
仏はいろいろな手段によって、
われわれ衆生を導いてくださるのである。

われわれ凡夫には、
厳しい修行を独力でやりぬく力がない。

途中で、
ひと息いれる場所が必要でひるある。

最初から大きな目的を示されても、
かえってわれわれは怯んでしまう。

あと少しで達成できる、
というくらいの目標をいつも掲げ、
それを達成したら、
もう少し上の目標をもち、
また達成したら:::、
というようにして、
最終の目的に向かって進んでいく1.そのようにして、
はじめてわれわれは大きな距離を歩んでいけるわけであり、
そのようにしてしか歩めないのである。

「方便」ということばの語源は、
サンスクリット語の〃ウパーャ″で「近づく」という意味である。

だから方便という教えは、
近づくことが大事なんだ、
目的地に行くことよりも、
目標を目ざして歩む一歩一歩の歩翠が尊いんだ、
という教えなのである。

ほけきよう砂漠の一行の話は、
『法華経』という大乗仏教の経典に説かれているが、
これは『法華経』にかぎらず、
仏教全般を通して述べられている思想なのである。

生きる意味は”過程”にこそある

仏教は「仏になる」ための教え日本語で死ぬことを「仏になる」という。

いったい、
仏と憾どういう意味たのだろうか1.わたしたちが現在使っている仏教の「仏」にんべんの字、
これは1に弗と書いた「怖」の新字で、
昔は「仇」の字を使っていたのである。

この、
つくりの「弗」は、
じつは「あらず」という意味であり、
「伽」とは「人にあらず」ということをあらわしていた。

「仏」は、
もともと、
古代イソドのことばであるサソスクリット語(焚語)の〃ブッダ〃の音プグダを「仏陀」と漢字に写しとったもので、
本来は「目覚める」という意味である。

お釈迦さましやかむにせそんしゃくそん(釈迦牟尼世尊Ⅱ略して釈尊という。

紀元前六’五世紀の人)は三十五歳のときに菩提樹のもとで悟りをひらかれ、
真理の世界に目覚められた。

そのとき、
お釈迦さまは、
人間を卒業され、
たのである1.人でなくなり、
仏になられたのである。

「目覚めた人」となられた。

そういう意味で〃ブッダ〃といったのである。

このように、
「仏」とは、
本来「真理に目覚めた人」のことをいったのだから、
仏教とは「仏の教え」ということになる。

もう一つ踏み込んで「仏になるための教え」とわたしは考えたい。
大阪市生野区で葬儀をお考えの方。葬儀の準備を考えている方はこちらから。生野区 お葬式

しかし、
一般にはなぜか「仏」は「死んだ人」のことをいうようになり、
そのため「仏教とは死ぬための教えなんだ」と誤解されないともかぎらない意味をおびるようになった。

ここで仏教とは何かということを簡単に知ってもらうために、
かえってその逆、
現今のあまりにも非仏教的な世相をとりあげてみるほうが、
より鮮明におわかりいただけると思う。

現在の日本の世相を見るにつけ、
わたしが思い出すのは、
昭和三十五年に所得倍増論を唱えて登場した池田内閣と、
そのあとを継いだ佐藤内閣のことである。

両内閣の音頭とりで日本の歩んでいた道は、
アメリカに追いつけ追いこせの経済成長の道であった。

そういう風潮のなかで、
どんなやり方をしようと結果さえよければいいんだ、
という考え方が、
日本人のなかに定着してしまったような気がする。

それは仏教の教えとは正反対Q結果を重視する考え方が基調になっていた。

わたしはそれを「結果第一主義」と名づけている。

たとえば、
商取引ということについて見て糸よう。

商取引Ⅱ商売というのは、
もともと生産者と消費者を結びつける地道な活動である。

生産者がつくったものを消費者に手渡すことが重要で、
その努力の結果として、
利益がもたらされたわけである。

ところが、
いまの日本人は、
儲けのために商売をやっているのだ、
という意識があまりにも強い。

だから、
生産者がつくったものを消費者に届けないで、
買い占めることによって値上がりをはかるということが、
平気で行われる世の中になってしまった。

また、
教育にしても「結果第一主義」であることに変わりない。

いい高校からいい大学に入り、
一流企業に就職するl、
そのために必死に勉強する。

そのレ‐ルに乗ることのできた者は成功者であり、
途中で落ちこぼれた者は、
敗北者とされる。

このままでは駄目。

生活を犠牲にしなさい.いい大学に行か厳ければいい就職ばできない.だからいき塾へ行きなきい。

現在に安住するのではなく、
先へ先へと根無し草のように生徒を駆り立てる、
それがいまの教育ではないだろうか。

「結果第一主義」で生きると四か月と六日で一生が終わる?ノーベル賞を受賞したアナトール・フラソスというフランスの小説家が、
たいへん示唆に富む話をしている。

ある子どものところへ妖精がやって来た。

一:これがあなたの運命なんですよ」と一妖精が一つの糸まりを取り出した。

大阪市生野区で葬儀をお考えの方。葬儀の準備を考えている方はこちらから。生野区 葬儀

糸まりを早く引っ張れば時間はサーッと早く流れる。

ゆっくり引っ張れば時間はゆっくり流れる。

引っ張らなければ、
時間はそのまま止まっている。

子どもに不思議な糸まりが渡された。

糸まりをもらったその子は、
すぐに大人になりたくて、
糸まりの糸をどんどん引っ張った。

早く学校を出たいと思って、
どんどん糸を引っ張った。

そして、
大人になり、
恋人に出会った。

恋人に出会うと、
早く結婚したくて、
また糸まりの糸を早く引っ張った。

結婚したら子どもが欲しくなって、
また糸まりの糸を引っ張った。

そのうち年をとってきた。

すると、
老年が耐えがたくてまた糸まりの糸を引っ張った。

病気になったら、
早く治りたいというので、
また引っ張った烏む話をしている戸かくして、
その子は、
妖精から糸まりをもらってから四か月と六日で亡くなった:::アナトール・フランスは、
そシフ書いている。

これは、
結果鮪一主義で生きていけば、
この長い人生が四か月と六日ぐらいの意味にしかならないことを教えてくれる話だと思う。

わたしは、
大学の教堀に立っていたので、
学生たちにもしばしばこの話をして、
きみたちなら、
糸まりの糸をどういうふうに引っ張るか、
と答えを求めたことがある。

ブッダ

すると、
たいていの学生が、
自分たちも同じように早く引っ張ってしまうだろうと言う。

そこで、
一では、
どういう生き方がいい生き方だと思うか」と尋ねると、
ある学生から、
「糸まりに手を触れずに、
時間を止めておく生き方がいいんじゃないでしょうか」という答えが返ってきた。

しかし、
わたしは、
それは違うと思う。

糸まりに触れないでおくのは、
停滞の生活、
ある意味では退廃主義である。

そうではなく、
糸まりの糸を、
この世の時間の流れのとおりに引っ張っていく生き方、
一日を一日として精一杯に生きる生き方が、
いちばんすばらしいのではないかと、
わたしは思っている。

結果としてどうだったか、
ではないl、
毎日をどう生きているか、
どう生き為べきかが仏教の説くところなのである。

お墓などのパンフレットを持って帰って

同居の父がある時から独りでふらっと散歩に出向いて

毎回葬儀やお墓などのパンフレットを持って帰って色々と話を聞かせてくれました。
別れの時間は各位により故人の横に花を入れて、
故人との末期の別れを行ってもらい、
公営火葬場(または公営斎場・市営斎場・公営火葬場)へ伺います。
葬式は数多返り実施することだとはないので、
認識する葬儀社ががなくて病院から案内された葬儀業者に頼む事が多くあります。
以前は墓地というものは哀れな雰囲気がしてた感じですが、
この頃は公園墓園のような陽気な墓園が過半数を占めています。
葬儀を着々と行うためにはご家族と葬儀社との意思疎通も大切なことになりますのでわからないことはなんでも、
遠慮なくお聞きください。

遺族代表は葬式の実務的なところの窓口となり大きな役割分担は参列者への挨拶、
などを行います。
被葬者の気持ちを受け親族のみで葬式を済ませたところ葬儀式にお別れできなかった人が、
お参りにちょくちょく自宅に、
訪れてくれます。
ワンデーセレモニーとは従来は前日に通夜の法要を執り行い、
明けた日に葬儀・告別式と二日またいで取り仕切られる葬儀を、
通夜式なしで一日で終わらせる葬儀式の形です。
それに加えお墓の形状も近年では多種多様で少し前までは形も決まってましたが近頃は洋風の、
お墓が多くなってきていますし、
自分の気に入った形状にする方も、
多くなってきました。
近代では公営斎場・市営斎場・公営火葬場と呼んでいますが古来祭祀儀礼を執り行うスペースおよび、
祭祀儀礼を行う建物全般を示す呼び名であり、
お通夜葬儀のみ行う施設で公営斎場・市営斎場・公営火葬場と言っています。

いかに人から聞いたような本に書いてあるかのようなここが一番とされるスペースにしても日々お参りできない、
といった位置では、
意味がないと思いますもったいないのです。
古くから地域密着といった葬式会社が多かったようですが近頃ではお客様本位の葬儀社など、
持ち味をいかした、
葬儀社も見られます。
葬式と告別式とは本来別で仏教の考えの葬儀では最初に住職または先生による読経等々施し、
その後に告別式、
主にご家族ご親族が故人をお見送りする会が、
執り行われています。

蓮の花
某らしい終焉を迎えるために皆さんが病気や障害で大病や異変で表せなくなっても落日まで私の心情を心酔した治療をします。
お寺と交友がなく通夜の場合に葬儀社に宗教者を仲介して頂く場合は、
お布施を幾らほど払えばいいのか理解していないので、
心配を抱く人間も多いみたいです。

死者を愁傷し葬るステージが死者を隣に財産を奪い合う醜い場に変貌しそこで亡くなった人を見送っているのは誰なのだろうか、
という思いが今も未だ記憶に強く残っている。
ご自身の葬儀や葬送のやり方について生前から決めておく事を希求する方家族と相談したりエンディングノートに記す人も増えています。
『終活』というものは字の雰囲気のまま暮らしのきれいに幕を閉じる方法であり、
人生のラストを格段に上位にすべくその前に段取りしておかないとと言われる活動を言います。
現在ではメモリアルストーンの製造技術の大きな変化によりフォルムの自由度が、
非常に躍進し、
自らのメモリアルストーンを、
個人でデザインする事が、
出来るようになったのです。
初の葬儀を進行する方はリスクが多いと考えられますが葬式は死ぬまでに何回も進行するものでないゆえに、
たいていの者は新人です。

コネのある僧が覚えがない、
当人の家の宗派が知らされてない方は、
手始めに親類や従妹に問い合わせてみましょう
満中陰法要の時と異なり時間がたっても残存するもので大丈夫ですし地域の仕来り等によっても、
違うものですので、
仏具店などでお問い合わせされるのも仏具店などでお問い合わせされるのも、
いいんじゃないでしょうか。
ご先祖様に向けての供養ですから身内たちで行う方が、
良いに決まってますが、
それぞれの理由で、
する事が無理なケースには、
僧侶と相談をし、
卒塔婆を立てる供養に限り、
委任する事もあります。
お通夜は本来は遺族が常夜亡くなった人に付き添うのがいっぱんてきだったが、
今日では幾世で終わる半通夜がポピュラーです。
世間的にこちら側は『法事』といわれていますが、
綿密に言うと、
僧侶に読経を読んでもらうことを「法要」と言うので、
法事と宴席もすべて含んだ行事を『法事』と呼ばれています。

ワンデーセレモニーとは本来は前日に通夜式の祭事をし、
翌日にお葬式と二日間行われるお葬式を、
お通夜を行わない一日で終結する葬儀式の流れです。
家族葬には明瞭な思想はなく家族を集中的に、
地域の方など故人と関係の深い人が集中して決別する多少の葬式を言うことがだいたいのようです。
葬式にこだわりなんかと驚きだと思うかもしれないけれどこれはお葬式を想像したときに何を大事にどこを優先すべきか、
という意味だとおみます。


更に万が一の場合には生前に相談を、
していた葬儀屋に葬儀式を依頼することが出来るから、
現実にと思われる時も段々と接することができるはずです。
喪家と言うものはご不幸のあった家の人達を指し示す言葉で喪中の家族を関東では『葬家』という事も多く喪家は関西エリアを主として、
適用される、
流れがみられると言えます。

つまらぬことにこだわる人へ

ある時、
旅人が大きな河にさしかかり、
向こう岸へ渡ろうとしたが橋がなく困っていた。

さいわい河岸に丸太があったので筏をつくり、
それに乗って無事に向こう岸に渡ることができた。

岸についてからも旅人がなお筏をかついでいると、
道行く人びとが「君はどうしてそんなものをかついでいるのかね。

用がすんだら河岸に置いておくものだ」と忠告してくれた。

間抜けな旅人はハッと気づき、
「それはそうだ」といってわざわざ置きに行ったり。

旅人

世の中のいろいろな規則や戒律は、
こちらの裟婆世界(此岸)から悟りの世界(彼岸)にたどりつく手段として必要なのであって、
それにいつまでもこだわっていると「木多くして森見えず」で、
目的物を見失ってしまう。

お金をもうけることなども、
しあわせになる手段であり、
必要条件ではあるが絶対条件ではない。

それを忘れて、
いつのまにかミイラ取りがミイラになり、
自分の生活を犠牲にしてまでも金もうけのためにうつつをぬかし、
それを目的とするとかえってふしあわせになってしまう。

はらたんざんあんぎや明治の初期に原坦山という傑僧がいた。

師は修行時代によく友人と諸国を行脚したが、
ある夏、
二人で東海道を旅していると、
召使いを連れた美しい娘がおりからのにわか雨の増水で泥川を渡りかね困っているのに出くわした。

これを見て坦山はつかつかと娘に近寄り、
「さあ、
お燥さん、
人助けは出家の役、
わしが渡してあげるから、
この胸におつかまりなさい」と、
はにかむ娘をしっかり抱きかかえるや河を渡って行った。

これを眺めていた友人は心中はなはだ面白くなく、
「邪淫戒といって、
出家は女の髪の毛一本にも触れてはならない身なのに、
こともあろうに胸を抱きしめるとはけしからん」と腹を立て、
すたすたと先へ行ってしまった。

三里を行ったと思われるところで、
やっと坦山は追いつき、
「わしをおいてきぼりにして、
ひどいじゃないか」というと、
「君こそ実にけしからん。

修行の身もわきまえず、
若き女性を抱きしめるとは何事だ」といい返した。

すると坦山は「いやはやこれは驚いたわい。

わしはとっくにあの娘のことなど忘れているのに、
君はまだ憶えているのか。

あははは。

君も案外色好みだなあ」と肩をたたいたので、
友人は返す言葉もなく恥入ったという。

仏教では、
こうした何ものにもとらわれない自由無碕の境地を三昧といい、
その道の達人になると自分のほんとうにやるべきことに心が向かうと、
ほかのことは全部忘れて、
そのことに深く没頭することができるという。

一流の彫刻家なども、
一心に精魂をかたむけて好きな制作に没頭していると、
自分と彫刻そのものが一体化し、
自分がそれを作っているのか、
それによって作らされているのかわからない無我の境地に入り、
それによって名声を博そうとか、
よい出来で高く売れるようにとかいう不純な気持は一切おきないらしい。

われわれも、
ほんとうに好きなことに没頭していると、
他のことが邪魔にならず時間や空間を忘れ、
ハッとわれにかえってはじめて自分の存在に気づくような体験をすることがある。

このように、
仕事が遊びのように楽しみながらできる遊戯三味の境地に入れたらしめたものである。

自分の不幸を招く人に

昔、
あるところに一人の独身男が住んでいて、
一生のうちせめて一度でもいいからしあわせになりたいと願っていた。

毎日、
神に向かって幸福の一片でもよいから授けてくれるよう熱心に祈っていると、
その甲斐があってか、
ある夜、
彼の家の戸を叩くものがいる。

誰かと思って開けてみると、
外に立っているのは。

吉祥。

という幸福の女神である。

弁天様

男は飛び上がらんばかりに喜び、
家の中に招き入れようとした。

すると女神は、
「ちょっと待ってください。

私には実の妹がいて、
いつも一緒に旅をしているのです」といって、
後ろにたたずむ妹を紹介した。

男はその妹を見て驚いてしまった。

美しい姉とは裏腹に何と醜い女神ではないか。

「あなたのほんとうの妹ですか」といぶかると、
「・申し上げたとおり実の妹で、
名を不幸の女神黒耳と申します」という。

そこで男は「あなただけこの家に入って、
妹のほうはお引き取り願えませんか」と頼んでみると、
「それは無理な注文です。

私たちはいつもこうして、
一緒に連れ添わなければなりません。

一人だけ置きざりにするわけにはいかないのです」という。

男は困ってしまった。

幸福の女神は「お困りなら、
二人とも引き上げましょうか」となおもいう。

男はまったく途方に暮れてしまった。

以上のエピソードは『阿毘達磨倶舎論』にのっている、
幸福の女神と不幸の女神が異身同体であることを説いた一節である。

誰しもしあわせを望まない者はいない。

「全て世は事もなし」といったのどかな風景は望ましいだろうが、
世の中にはそうよい事ばかり転がっているわけがなく、
どんなにひとから羨ましがられ、
本人自身も恵まれていると思っても、
いつしかその生活の隙聞から不幸という名の風がしのび込んでくる。

しかし、
いくら不幸に陥ったからといってその苦境に迷わされず、
明日への希望を抱いてやがて不幸から脱する日のために覚悟を新たにしなければならない。

「冬来たりなば春遠からじ」とはイギリスの詩人シエリlの作『西風に寄せる賦」の一節であるが、
われわれには厳しい冬がいつまでも続くわけがない。

宮本百合子女史も「うららかな春はきびしい冬のあとからくる。

かわいいクふきのとう。

はつゅの下で用意された。

苦しいこと、
つらいこと、
これらを乗りこえて」と詠んでいる。

昔から「若い時の苦労は買ってでもせよ」といわれているが、
苦労した者ほど成長してから楽しみがふえるという。

過去の不幸や苦労と現在を比較する心のゆとりができるからで、
その点、
苦労のない者は不幸だといえるだろう。

苦しまずに楽しようとか愉しもうというのが根本から間違ってかんなんしん〈いるのであり、
「抑制難辛昔、
汝を玉にす」という言葉もあるとおり、
われわれは今のうちにつとめて。

苦労。

阿弥陀様

しようではないか。

ほんとうに苦しんでこそ、
ほんとうの生きる喜びがわかるからだ。

国目頭の文にあるように、
幸不幸を感じる善悪の心は自分以外のところに存在するのではなく、
われわれの気持の持ち方次第で、
どちらにも傾くことができるものである。

だとしたなら、
幸不幸にかかわりあってがんじがらめにされているよりも、
それらを手玉にとれるような自由な身になったほうが、
どれだけよいかしれない。